PR

クリスマスに親子で読みたくなる絵本の紹介

子育て
記事内に広告が含まれています。

子どもとのクリスマスを盛り上げるための準備として、絵本の読み聞かせをしてみてはいかがですか?

りっか
りっか

読み聞かせか・・・良さそうだね

少し、私の経験もふまえて、クリスマス向けの絵本を紹介します。どの絵本も、娘との思い出の絵本・・・今でも、目を輝かせ聞いていたあの頃の娘の姿が目に浮かびます。

ベラ
ベラ

ぜひ、読んでみてください!

スポンサーリンク

クリスマスまでに読みたい絵本

もうすぐクリスマスがやってきます。この季節になると親子で読んでほっこりしたクリスマスの絵本が思い出されます。

りっか
りっか

クリスマスに絵本なんてオシャレ

やっぱり、一緒に寄り添って温もりを感じながらの読み聞かせの時間は、娘にとって、その瞬間だけの経験ではなく、大人になっても心に残る貴重な時間となっているようです。

ベラ
ベラ

読んであげて良かった・・・

いろいろなクリスマスの絵本がありますがサンタさんが活躍するお話や成長していくお話など、子どもも大人もワクワク気分をしっかりと味わえる絵本がオススメです。

豪華なおもちゃやゲームもいいですが、親子でクリスマス気分を存分に味わえてホッとあたたかい気持ちにさせてくれる絵本も良いですよ。

りっか
りっか

クリスマス絵本・・・気になる

親子で読むときっともっとクリスマスが待ち遠しく楽しいものになりますよ。

サンタのひみつおしえます

子どもにサンタを信じさせようと思って親が試行錯誤しこうさくごをしても、友達との会話である程度の年齢になってくると「サンタないて信じない!」と言いだしますよね。

りっか
りっか

なるなる!

この絵本は思わずうんうん、そうかも知れない!」と納得してしまうようなお話です。

世界中の子どもたちにどうやってプレゼントを届けるのか、いい子にしてたかなんかわかる訳がない・・・など、子ども目線の疑問をサンタクロースがやってきて仕組みを教えてくれる絵本です。

りっか
りっか

気になる・・・

嘘だと思っていても、空飛ぶトナカイのことや細い煙突の通り方など、次々に全部教えてくれるので、ついつい、興味深々になってしまいます。夢中で読めること間違いなしです。

想像力が豊かな子どもを願うなら、読んでみる価値ありのお話になっています。

おおきいツリー☆ちいさいツリー

こちらの絵本は表紙が見るからにクリスマスカラーのグリーンと赤、そしてツリーが描かれているのでクリスマスにぴったりの印象の絵本です。

クリスマスに見たこともないような大きなツリーがお屋敷に届けられてその立派さに大喜び!!それなのにお屋敷の大広間に入らないところからお話しが始まります。

ツリーが大き過ぎて天井につっかえて弓なりに・・・。それを見た執事がツリーの先っぽをバッサリと切ってちょうど良い大きさにしてしまいます。

次に、切られたツリーの先っぽはこま使いに渡されます。そして、ツリーを机の上に置いて飾ってみると・・・またまた先っぽが邪魔なんです。そこで、またツリーの先をちょん切って庭師さんへバトン・・・

そこでも先っぽがちょっと邪魔で・・・のように、次々とツリーの先っぽがちょん切られて色んな人に渡っていく繰り返しが次は誰だろ?とワクワクして楽しい絵本です。

ツリーが大きくても小さくてもそれぞれにみんなの楽しみ方があって幸せがバトンされて繋がっていくのを感じられるほっこりしたお話しですよ。

チビねずみくんのクリスマス

クリスマスイブにチビねずみくんとオオねずみくんがクリスマスの準備をするお話です。

紙の輪っかで飾り付けをしたり、身近な経験を通して想像もしやすいのではないでしょうか。大きな星や木の実を飾り付けていつ時に、赤いひいらぎの実を忘れたことに気が付き取りに行くことに・・・

そこでのひいらぎをとりに行く小さな冒険も子どもがよく不思議に思ったり、怖く感じたりする気持ちを素直に表現されていて、ドキドキ感が味わえること間違いなしです。

雪が降ってくることを、おそらがちぎれて落ちてくる・・・それをオオねずみくんに直してもらおうと考えたり、水に映ったかいじゅうが自分だったり・・素直さが読んでいるだけで可愛らしくてほっこりします。

読んだ後は一緒に雪だるまを作ってみたくなりました。遊んだ後にストーブで温まって、嬉しい嬉しいクリスマスが来るのを心待ちにしたくなります。ぜひ、クリスマス前に読み聞かせて楽しいクリスマスを迎える準備をしてはいかがでしょうか。

サンタクロース一年生

サンタクロース一年生・・・サンタさんになって行く成長の過程がわかる物語です。クリスマスの夜にやってきた歳をとったサンタクロースの代わりに新しいサンタさんに任命されたおじいさんが1年間かけて少しづつサンタさんらしくなっていきます。

自分にできるかな?と思いながらも頑張るおじいさん。トナカイの助けも借りて奮闘するサンタさんはとても面白いです。色んなことを覚えていくのが本当にすごいと感じます。

一年かけてサンタさんになって行く準備が多すぎるのでは?と思うほどでした。いつもソリをピカピカにしていたり、プレゼントをなん度も確認したり・・・子どもでも「サンタさんは大変!!」という素直な感想を言っていたのを思い出します。

それほど子どもが聞いていても大変だ!と感じたのでしょう。でもしっかりとプレゼントを頼んでいたので、そこは子どもは繋がっていないのかも知れませんね。

世代交代はサンタの国にもあったんだとおもしろ温かい気持ちになれるお話です。途中、どうなるのかなとそわそわして来ますが、最後まで子どもの夢も裏らない内容の読み聞かせにぴったりな絵本です。

あのね、サンタの国ではね・・・

この絵本はとにかく表紙が可愛いです。柔らかいタッチの絵は見ているだけで温かい気持ちにさせてくれます。

表紙にたくさんのサンタクロースが何人もいて・・・実は一人じゃなかったんかな??子どもが興味を持つサンタクロースの生態が1年間を通して描かれた物語です。

サンタの国の美しい森の中で暮らしているサンタさんたち。サンタの国に入り込んだかのように夢中で読めます。

世界中の子どもたちに同じ夜にプレゼントを配るのだから、むしろ一人ではない方が納得いきますよね。少しづつお髭が違ったり・・・個性も見え隠れしてじっくり見入ってしまいます。

複数人のサンタを束ねるリーダー格のグランサンタがいて・・・良い子調査したり、プレゼントを畑で作ったりとクリスマスを迎えるまでに仕事が盛りだくさんのサンタたち。サンタも夏休みは海で泳ぐんだ!!とか、可愛かったです。

プレゼントが実から出てくるのも微笑ましくて夢がありました。子どもの夢と期待を裏切らない意外性が子どもの好奇心をくすぐることができる絵本だと思います。

おたすけこびとのクリスマス

ひらめ
ひらめ

5選だけど・・・これもおすすめ

車好きの男の子なら、ハマるのは間違いありません。忙しいサンタさんに頼まれた小人たちが、クリスマスの夜、工事現場で働く車を使い、プレゼントを運ぶ・・・。小人たちにとってはプレゼントも大きな荷物だし、家に入るにも凄く苦労をしてしまいます。

子どもだけでなく、親子でドキドキしながら読める絵本です。読み終わった後、クリスマスプレゼントはサンタさんが持ってくるか、小人が持ってくるか、なんて子どもの想像力を膨らましてくれます。

まお
まお

それは・・・可愛い

クリスマス前に読み聞かせ、当日までワクワクさせることができますよ。

クリスマスに親子で楽しむ絵本

クリスマスまでに気分を盛り上げるためにも、絵本の読み聞かせをしてみてはいかがでしょうか。

絵本は最高のコミュニケーションツールです。その日によって選ぶ本も違えば、声のトーンやリズムを変えて読むと一層子どもは喜びます。

読み終わった後で、「もう1回!!」を聞くことが出来たら大成功で、こちらの満足度も上がりました。次はどんな風に喜ばせようかな・・・って。

読み聞かせをすると、子ども自身が色々な視点を吸収してくれます。いい子に過ごして、クリスマスにただプレゼントを待つというだけでなく想像を膨らますことのできる力ができるんです。

豪華なクリスマスや、お出掛け、パーティに行かなくても一緒に過ごす時間の幸せを感じてくれる子どもになりますよ。

ここで紹介した絵本以外にも、クリスマスの絵本はたくさん出ています。書店で選ぶのも楽しいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました