PR

家事をしない夫は離婚率が高い。妻が本気で離婚を考える3つの分岐点

家事をしない夫離婚率 夫婦
記事内に広告が含まれています。

家事をしない夫の離婚率が高いのは当然です。

まお
まお

まぁ・・・そうね

我が家は結婚20年目にして、妻である私から「離婚を前提にした別居」を切り出しました。

りっか
りっか

限界だった・・・

20年一緒にいて今さら?と思う人もいるかもしれませんが、厚生労働省が毎年公表している「令和4年(2022)人口動態統計(確定数)の概況」では、離婚した約18万組の夫婦のうち、もっとも多い同居期間は「5年未満」そして、次に多いのが「20年以上」の熟年離婚となっています。

熟年離婚というと60代以降・・・「夫の退職金が出てから離婚」のイメージですが、一般的には「20年以上の婚姻生活の末に離婚すること」を指すようで、例えば50歳で結婚して60歳で離婚した場合は熟年離婚とは呼ばないそうですよ。

まお
まお

知らなかった!

りっか
りっか

うちは離婚したら熟年離婚だ・・・

我が家は共働きで、息子が2人。私は、子供の成長や、旦那の転職による収入の変化に合わせて、フルタイムで働いたりパートで働いたりしてきました。

最終的に50歳を目前に「別居」を選択した私ですが、結婚生活20年の間に「離婚」を考えた回数は数えきれません。

そんな私が実際に「離婚」を強く考えた3つのターニングポイントと、なぜ「家事をしない夫」の離婚率が高いといわれるのかを考えてみました。

一時の感情に流されて「離婚」を選択するのは浅はかだと思います。でも、私自身、パートナーとしてこれから何年も一緒に生きていくということを、もっと早く立ち止まって見つめるべきだったと思っています。

忙しい毎日だと思いますが、たまには深呼吸をして、客観的に自分たち夫婦を振り返ることも大切です。そして、別居や離婚の二文字がチラついているなら、お金のことはしっかり把握しておきましょう。

\家計の無料見直し相談/

【累計お申込数35万件突破】保険マンモスの『FPの無料保険相談』
スポンサーリンク

家事をしない夫の離婚率が高い理由

離婚と聞くと「浮気?」と何かキッカケがあってと思う人が多いのかもしれません。

実際、私が「別居した」という話をすると、大抵の人が「何かあったの?」と聞いてきます

正直、何もありません。

これまで、何度も離婚を考えましたが、その時も特別な何かがあったわけではありません

浮気もDVもないし、家事だって全くしないわけではありません。お料理は私より上手だし、洗濯もシワシワになっていますが・・・してくれます。

まお
まお

だったらどうして・・・

りっか
りっか

・・・・・

分かる人には分かる、分からない人には分からないかもしれませんが、「家事をしない夫=なに一つ家事をしない夫」ではありません。

「協力している」「家事もしている」「俺だって頑張ってる」・・・うちの旦那もそう言います。まったく家事をしない夫もいるんだから、求めすぎだろ!と言われることも。

りっか
りっか

イラつく・・・

そもそも、そう言われて「あ、そうだね」となると思っているんでしょうか?

離婚が多いといわれる時期は、「結婚して5年以内」「結婚20年以上」ですが、そこには「出産・子育て」が大きく関わっていると私は思います。

産後すぐ

離婚した夫婦のうち、もっとも多い同居期間は「5年未満」です。

つまり結婚して5年未満に離婚する夫婦が一番多いということです。

まお
まお

新婚さんって幸せなイメージなのに・・・

その中でも、私が知っているかぎりでは、子供がいない夫婦より、子供が産まれて離婚する夫婦が圧倒的に多いです。

理由は色々だと重々じゅうじゅう分かっているつもりですが、産後クライシスにしても、育児ノイローゼにしても旦那さんが育児に協力的じゃなかったり、ママに寄り添えないことが原因なんじゃないかと思っています。

赤ちゃんが産まれて、幸せいっぱい、毎日ハッピーなんてことはありません。

オレンジ
オレンジ

大変なことのほうが多いよね・・・

りっか
りっか

うん・・・

特にはじめての出産や育児を手探りでがんばるママにとって、この時期の旦那さんの行動や態度は一生、付きまとうと言っても過言ではありません

忘れたくても忘れられない」と言った方が正しいくらい、何年たっても忘れることができません。

パパにしたら「お風呂に入れてる」「オムツも変えてる」「できることはしている」と思っているかもしれません。

てる
てる

育児に協力している!

でも、ママが求めているのはそれだけではありません

仕事をはじめると

5年を乗り越え、子供が成長すると働きに出るママもいますよね。私もワーママ歴15年

フルタイム、時短勤務、パート・・・子供の成長に合わせて働き方を変えたり、それが可能な仕事に転職したり・・・ママが働くのは本当に大変です。

思うように働けないことへの焦りや苛立ち、子どもや職場への罪悪感、それを分かってくれない夫への不満。

オレンジ
オレンジ

毎日イライラ・・・

子どもを保育園に預け、働くようになると「社会とのつながり」が戻ってきたようで「がんばろう!」って思うママも多いと思います。私もそうでした。

でも、夫婦って?協力って?と考えさせられる毎日が待っていました。

まりか
まりか

ママの負担のほうが絶対に大きい・・・

りっか
りっか

役割分担したはずなのに・・・

てる
てる

できることはやってる・・・

出産前は、フルタイムでバリバリ働いていたのに時短勤務・・・悪いことをしているわけではないけれど、忙しそうな職場から一人早めに帰る罪悪感

せめて時間内は人一倍がんばろう!と思った矢先、保育園から「お熱が・・・」の連絡。

ただでさえ罪悪感でいっぱいの中、頭を下げ早退。そして、熱で真っ赤な顔の子どもを見るたび「ごめんね・・・」と申し訳なさでいっぱいにもなります。

りっか
りっか

職場にも子供にも悪い気持ちになる

私は何のために働いてるんだろう・・・

まお
まお

せつない・・・

帰って来た旦那には「明日は休めないから、頼むね」と言われ・・・「今日も早退で迷惑かけたのに・・・」とモヤモヤ。

子どもを置いて行ける訳もなく翌朝には「すいません!」と職場にお休みの電話・・・。

りっか
りっか

つら・・・

『どうして子供のお熱で早退するのは、いつも私なの?』

『どうして仕事を休んで看病するのはいつもママなの?』

もちろん子供は可愛いけれど、謝るのも、罪悪感に押しつぶされそうになるのも、

全部、全部・・・

ママ、ママ、ママ、ママ・・・・全部ママ!

てる
てる

できることはやってる・・・

関連記事:ワーママ歴15年が実践してきた「ワーママつらい」を吹き飛ばす方法
関連記事:ワーママうざいって言わないで!実は必死にもがいてるワーママの本音

子どもの成長のタイミング

子はかすがいとは言いますが、実際は子供がいることで離婚が回避できるわけではありません

約18万組の離婚した夫婦のうち、未成年の子どもがいる夫婦は全体の60%近くと過半数以上を占めています。

まお
まお

そんなに!?

子供が産まれ、一番つらい時期に寄り添ってくれなかったり、協力しているで満足している旦那・・・子育ての大変な時期を乗り越え、「もう安泰」と思ったら大間違いなんですよね。

ママの頑張りや、慈愛に満ちた愛によって、かろうじて持ちこたえているだけなんです。

りっか
りっか

私が手を離したら一瞬で崩れる

子供がさらに成長して子育て終盤になってくると、家族のため、子供のためがむしゃらに頑張っていたママも我に返ります。

「このままでいいの?」「このままこの人と一緒にいて私は幸せ?」

オレンジ
オレンジ

支えるばかりで、支えてくれない・・・

りっか
りっか

夫婦でいても孤独を感じる・・・

「自分は手伝っている方だ」そう思っている旦那さんほど、突然、離婚を突きつけられて焦るんじゃないでしょうか。

家事を通してママが求めているもの

パパが必死にあやしても泣き止まない赤ちゃんが、ママのおっぱいですぐ泣き止んだり、今まで自分に向いていた愛情が子どもに向いている気がしたり・・・・。

ママと赤ちゃんの間に入れないような、虚しさや寂しさを感じることもあるだろうし、気持ちが追い付かないパパがいるのも分かります

でも、ママだって、おっぱいの出ないパパに授乳して」と言っているわけではありません

まお
まお

パパのおっぱい・・

りっか
りっか

むしろ嫌・・・

2~3時間おきの授乳で、まとまった睡眠時間がとれないのは確かに辛いですよね。

でも、私は眠れないことより、暗い中、1何回も起きて授乳しているのほうが辛かったです。

毎回じゃなくていいし、毎日じゃなくていい・・・本当にたまにでもいいから、一緒に起きて授乳の間に他愛もない話をしたり、「大変だね」って笑い合ったりできたら、それで良かった。

「一人じゃない」「私には、この人がいる」そういうをママは求めています。少なくとも私は、ずっとそれだけを求めていました。

家事をしない夫と離婚率

私は家事をしない夫でも、夫婦で役割分担ができているなら、必ずしも離婚につながるとは思っていません。

私たちの親世代のような、旦那さんが働いて、奥さんが家庭を守るでも、お互いが「そこは任せた!」と信頼し、安心して生活できるなら素敵だなと思います。

でも、旦那さんの収入では生活が厳しいとか、収入は問題なくても奥さんが働きたいと思っていたら、任せられても負担でしかありません。そこは、二人でバランスをとることが大切です。

どこを自分がにない、どこを相手に任せるかを、夫婦で話し合うと思うんです。

りっか
りっか

うちだって何度も話し合ってきた

それなのに「ここは任せて!」と言ったことや、渋々でも「やる」と言ったことをやってくれないと、「任せてたのに・・・」と、信頼ができなくなるんです。

オレンジ
オレンジ

信じてたからこそ裏切られた気持ち

「俺だってがんばってる」「できることはやってる」と言われても「は?寝てたよね?」ってなりますよね。

りっか
りっか

背中をあずけてたのに寝てた・・・みたいな

オレンジ
オレンジ

いや・・・切りつけられたぐらいな気持ち

「誰かがやらなきゃ・・・」と、つい自分でやってしまうママ、「やってよ!」と怒ってしまうママ、なんとかやるように機嫌をとって仕向けるママ・・・色々だと思いますが、どれにしても疲れるしイライラします。

家事をしない夫だから離婚率が高くなるのではありません。

家事や役割をしない夫を、信頼できなくなり、不安になるから離婚を考えるんです。

りっか
りっか

そこに愛はあるんか?

てる
てる

できることは・・・

りっか
りっか

だまれ!

人を変えることはできない、変えられるのは自分

信頼も、任せることもできない相手を愛し、一方的に支え続けることは簡単ではありません。

好きで結婚した相手だからこそ、不信感がつのってきても「信頼したい」と思ってしまうし、きちんと気持ちを伝えれば「変わるかも」と期待してしまいます。

でも、いくら夫婦でも本人が「変わりたい」と思わなければ変えることはできません

りっか
りっか

20年連れ添っても変わらなかった・・・

変えられるのは自分です。

子どもの将来やお金のこと・・・不安もあると思いますが、案外なんとかなるものです。

旦那さんを信頼できないようなら、子供やお金の不安は一旦置いておいて、自分がどうしたいのか、あやふやにせず、しっかり考えてみてください。

「もう一度信じて頑張りたい」「ちょっと距離をとりたい」「スパッと離婚」

あなたが考えて出した答えなら、どれも正解だと思います。

りっか
りっか

自分と向き合う時間をとろう!

厳しいようですが「家族のため」と必死に頑張ったからといって必ずしも報われるわけでも、あなたが思い描く未来が待っているわけでもありません。

今、夫婦でいても孤独を感じているなら、この先も孤独を感じながら一緒に生活していく確率が高いです。少なくとも私はそうでした。

りっか
りっか

虚しい・・・

今すぐ、行動を起こすかどうかはさておき、今の自分がどう感じているのか知っておくだけでも、地に足が付いたような気持になります。自分の気持ちとしっかり向き合い、少しでも不安要素があるなら、お金の把握はしておきましょう。

どんな選択をしても、一番の不安は子供のことと、お金です。

将来に不安があるなら、家計の見直しを

家計を預かるママとして、いちばん心配なのは、なんと言ってもお金のこと・・・少なくとも、私はそうだと思います。

子どもが成長し、いつ、どれだけのお金が必要なのか、車が必要になったときの資金はどうするか、持ち家を買うべきか・・・お金のことが頭から離れません。

オレンジ
オレンジ

そうだよね・・・

そんな不安を払拭するためには、まずは、お金のプロであるファイナンシャルプランナーさんに相談してみましょう

保険マンモスなら、無料で、ファイナンシャルプランナーさんに相談ができます。

さらに、今なら、相談後のアンケート回答で、ハンバーグや生チョコレートなどがもらえる無料特典も

詳細は、公式サイトで確認してみてくださいね。

\家計の無料見直し相談/

コメント

タイトルとURLをコピーしました