PR

「サンタクロースはママ」問題について男性としての意見を述べる

子育て
記事内に広告が含まれています。

小学生・・・保育園児になると「サンタクロースはママなんだよ」なんて、エロい発言をする子どもが出てきます。

まお
まお

待て待て、どこがエロい?

想像をしてみてください。いつも、ニコニコと登園の際、挨拶をするママが、クリスマスの夜には、サンタのコスプレをして、あんなことやこんなこと・・・旦那さんもいつも以上にハッスルしてしまいますよね?

ひらめ
ひらめ

少なくとも僕は興奮する

まお
まお

おい、変態っ!!

僕たち、男性はそんなママサンタに興奮をしてしまいますが、子どもたちにとってサンタクロースというのは夢の存在であり、サンタさんからプレゼントをもらうことに興奮しているのです。

この記事は『なぜ、サンタさんはパパではなく、ママなのか』という疑問について考察していきいます。

まお
まお

・・・確かに、そうだね

もちろん、ママが着るミニスカートのサンタには萌えます。ですが、子どもが「サンタは親だ」と疑うのであれば、パパがサンタだと思われたい・・・と僕は思います。

スポンサーリンク

なぜ、サンタクロースはママなのか?

そもそも、子どもたちには、本気で『サンタ』がいると思わせた方が、親としても楽しいし、何よりもクリスマス自体が盛り上がります。

関連記事:サンタを信じされるための親の行動

なので、サンタクロースが出てくる絵本を読み聞かせたり、「サンタさんに何をお願いするの?」と子どもがプレゼントをもらう場面を想像できるような質問をしたり、あの手この手で子どもを夢の国にひきずり込みましょう

まお
まお

言い方・・・

どうしても、小学生になる頃から、子どもに自我が芽生え、「サンタなんていないのでは?」と疑いはじめます。そんなタイミングで「サンタはママだよ」なんて言われれば、どんなに素直な子どもでも気づいてしまいます。

関連記事:サンタはいるの? いないの?の答え

この年代の子どもは、聖夜の夜は期待に胸を膨らまし、寝たをして「サンタさんに会えるかも・・・」と期待に胸を膨らまし、興奮しているんですよね。

まお
まお

かわいいよね

そんな純粋な子どもの気持ちを知らず、夫婦の時間を楽しむために、サンタのコスプレなんてしてはいけません

ママのエロいサンタを見て、子どもは「サンタはママだった・・・」と衝撃的事実を知ってしまう・・・

まお
まお

えっ?! そういうこと?

ひらめ
ひらめ

多分、そういうことだと思う・・・

サンタクロース姿のママを目撃されたかも?!

もちろん、それは夫婦の問題であって、他の人にとやかく言われたくはないと思います。夫婦の営み・・・大切だと思います。

まお
まお

なんか・・・ショック

クリスマスの夜なんて、ロマンチックだし、シャンパンなんて飲んで、ちょっと酔っているし、「今夜は寝かせないよ」なんて旦那に言われて、その気になり、「待って。今日は特別♡」とか言って、クローゼットの奥から、出したミニスカートのエロいサンタの衣装を着て気分を盛り上げる気持ちも理解します。

ですが、子どもは眠さを必死にこらえ、サンタクロースに会うためにをしている・・・寝たふりをして、親の行動を随時意識しているのです

まお
まお

・・・

考えてみてください。その年代の子どもたちは友達から「サンタを信じてるなんて、ガキじゃね?」とか、マセた小童こわっぱたち・・・失礼、大人びた友達に声をかけられ、サンタの存在を疑っています。

子どもながらに必死になり、真実を追求しようとしています。寝ないように・・・プレゼントは誰が置くかというのを確認ようとしている。

つまり、寝てはいない・・・眠いのを我慢して起きているのです。

そんなとき、ママがサンタクロースの格好をしてパパと・・・(自主規制中)・・・

目撃した子どもは「サンタはママだ・・・」と認識し、複雑な気持ちになり、やさぐれ、人間として成長をする・・・純粋な心が汚れる瞬間です。

まお
まお

・・・それは、やさぐれる

サンタクロースになれない旦那の意見

これは僕の経験ですが、師走の街では、寒い中、あちらこちらで、おっぱいを強調したミニスカートのサンタクロースが、男性を誘惑してくる・・・僕的には、家族が待つ家に真っ直ぐ帰りたいと思っているのに、なんと言うか、サンタを信じていた僕的には、サンタさんに誘われて断ることができない・・・トラウマじゃないけど、やっぱり、サンタさんを無下にはできない・・・

まお
まお

帰りなさい・・・

ここだけの話、僕は、今でも、サンタクロースの存在を信じていて「もしかしたら、プレゼントが貰えるかも」と内心、期待しています

なので、偽物だとは分かっていても、サンタに誘われたら、鼻の下を伸ばし、ホイホイとついて行ってしまう・・・決して、すけべ心ではなく、純粋な信仰心です。

12月の初旬から、忘年会やサンタとの会食を繰り返し、気がつけば年の瀬を迎える・・・身を粉にして働くことでしか、生きる価値がない世間の男性たちは、クリスマスや家族を気にする余裕がなくなってしまっているのです。

まお
まお

・・・サンタとの会合

ひらめ
ひらめ

打合せは必要でしょ?

サンタはパパだったと思われたい

ですが、サンタクロースはママであるなどと子供に思われるのは癪シャク》に触ります

まお
まお

どの口が言う?

サンタクロースはパパで、イブの夜に、ママにキスをしてた・・・」と言う方がロマンチックですよね。

少なくとも、ミニスカートでエロチックにパパに甘えるママサンタよりも雰囲気があります。

まお
まお

・・・そ、そうだね

僕は聖夜にエッチな気分になる夫婦、カップルが嫌いです。そんな行為が、子供の夢・・・サンタを信じる純粋な気持ちを踏みにじる・・・そんな気がしてなりません。

まお
まお

ヒガミにしか聞こえない・・・

今年のクリスマスこそ、健全に家族と幸せな時間を過ごしてみてはいかがですか?

ちなみに、僕は、不純な大人になってしまったので、エロいサンタクロース姿の女子が大好きです。

まお
まお

変態ネタだった・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました