PR

大学進学に掛かる費用をざっくり解説。かなりの覚悟が必要です【2024年版】

子育て
記事内に広告が含まれています。

息子の大学進学で、地獄を見るところでした

まお
まお

どういうこと?

子育てにお金が掛かるには、重々承知していたのですが、大学進学で掛かる費用は、思っていたより額が大きく、危うく大好きなロードスターを売りに出すところでした

ひらめ
ひらめ

危なかった・・・

最初に伝えておくと、2024年現在、大学進学に掛かる費用は約200万円(私立大学理系)です。

なかなか、インパクトのある金額じゃないですか?

りっか
りっか

確かにね

これまで、ボディーブローのように浴び続けていた子育て費用とは、桁が違います。

短期間で200万円を用意するのは、僕のような安月給のサラリーマンには到底無理な話です。ですが、子どもの夢を親の都合であきらめさせるのは、忍びない・・・。

オレンジ
オレンジ

売ってしまえ〜

休日の楽しみであるユーノス・ロードスターを売る・・・そこまで覚悟を決めました。

ですが、僕は『学資保険』に助けられました

学資保険は、子供が生まれたときに入るのが、いちばん負担が軽いので、出産後には、ぜひ、保険を見直してみてくださいね。

僕がおすすめするのは『ベビープラネット』です。ベビープラネットはで保険の相談に乗ってくれるサービスです。

詳しくは、ベビープラネット公式サイトからご確認ください。今なら、ベビープラネットで、保険の無料相談を行えば、太っ腹なプレゼントがもらえますよ!!

\子育ての『お金の問題』を解決/

スポンサーリンク

大学受験に掛かる費用

我が息子は、高校三年生の秋まで、大好きなサッカーを続けていたので、塾や家庭教師代はほとんど掛かっていません。その点は、親孝行だったと思います。

りっか
りっか

好きなことに打ち込んで素敵

ベラ
ベラ

何か違う気がするけど・・・

実際に、個別指導の塾に行き始めたのは、高校三年生の夏。約60,000円/月の授業料で、6ヶ月通ったので、塾代は40万円程度(冬季講習含)でした。

多くの家庭の場合、高校一年生から受験に向けて、塾に通わせることになると思いますが、高校一年生、二年生の個別指導塾授業料の相場は、月42,000〜67,000円なので、年間にすると50〜80万円くらいです。高校三年生は年間60〜100万円掛かります。

まお
まお

結構、掛かるね・・・

ひらめ
ひらめ

結構、負担だよね

ただ、月払いがほとんどなので、家計へのボディブローは続きますが、どうにか用意ができます。

入試は受ける大学の数で変わる

我が息子は、国公立大学に行く気がなかった・・・と言うか、受験勉強を始めるのが遅すぎ、三教科で受験ができる私立大学にターゲットを絞りやがりました。

まお
まお

言い方・・・

それも、本命、滑り止め、記念受験、行けたら行きたい・・・結局、7大学を受験しました。受験料は、約35,000円/1大学なので、25万円程度・・・。

りっか
りっか

結構、受けたね

我が家は回避できましたが、志望校の発表前に滑り止めの大学の入学金(約20万円)の支払いが発生することもあるそうです。もちろん、他大学に受かったから、辞退をすると伝えても返金はありません。

ひらめ
ひらめ

もう一台、バイクが買える・・・

そして、大学が決まれば、授業料も払わなければなりません。

大学(私立大学理系)の初年度に掛かる費用

私立大学理系で初年度に納入する金額は、約160万円です。何よりも、この初年度納入金が、我が家の家計の負担・・・大好きなユーノス・ロードスターを手放す覚悟を決めさせました。

ユーノス・ロードスターは、投資という大義名分・・・家計が苦しくなったら、手放すという条件で手に入れたので、手放すときが来た・・・と覚悟を決めました。

オレンジ
オレンジ

売ってしまえ〜

ですが、コツコツと15年間、払い続けていた『学資保険』が満期を迎え、満期学資金を受け取ることができたので、最悪の事態はまぬがれました。

僕が加入していた学資保険は、息子の大学進学時に200万円を受け取れる契約でした。そして、毎月支払いはしていたのですが、すっかり存在を忘れていました。

りっか
りっか

普通、忘れる?

すごくありがたかった・・・。ロードスターを手放さずに済んだのは、学資保険に加入していたから。

大学進学に掛かる親の負担

もし仮に、学資保険に加入していなかったとしたら・・・約200万円もの大金を短期間で、かき集める必要があったと考えると冷や汗ものです。

ひらめ
ひらめ

大切なクルマを売るところだった・・・

僕は、投資信託など利回りの大きな商材は、子どもの教育資金には向いていないと思っています。学資保険には保険料の払込免除があります。契約者(基本的に親)が、万が一のときにも、保障も受けらます。

つまり、子どもの夢を守ってあげられる可能性が高くなるんです。子どもが産まれたとき、または、幼いときから加入すれば、毎月の負担額も小さくて済みます。

りっか
りっか

そうだよね

なので、学資保険は、なるべく早く加入した方が良い・・・。

とはいっても、どの保険会社の学資保険が得なのか、どれ位の金額を受け取れれば良いのか、わかりませんよね。

オレンジ
オレンジ

確かに・・・

調べるのも大変だし、どうやって契約をすれば良いのかも分かりません

僕がお勧めするのは、ベビープラネット』という保険の相談ができるサービスです。

ベビープラネットは、学資保険だけではなく、生命保険や病気に備える保険、色々な保険だけでなく、将来のお金についても、相談できます

オレンジ
オレンジ

無料?!

ひらめ
ひらめ

うむ。タダ・・・

大学進学時のお金の心配があるなら、ベビープラネットにぜひ相談してみてください!!

詳しくは、ベビープラネット公式サイトでご確認ください。

\ 育児に必要な資金は専門家に相談 /

将来の子育て資金が不安なら

子育てには、お金が掛かるもの。とは言っても、何をどうしたら良いのか・・・

まお
まお

・・・お金の心配はあるよね

ここだけの話、子育て中は、お金がいくらあっても足りなく感じます。さらに、子どもが成長したときのための資金は大丈夫? 親として、精一杯子どものためにと思っていても、資金がなければ、困ってしまいます。

我が家に向いている運用方法は何? どうすれば良いの?

ベビープラネットは、そんな悩みを相談できます。あなたの家庭に合ったプランを作成し、10年後、20年後に「あの時将来の家計の計画を含めた相談をして良かった」と思われるように無理のない家計計画を一緒に立ててくれます

ベビープラネットは、相談無料

まお
まお

それは、嬉しい

ぜひ一度、ベビープラネットに相談して見てください。

\家計の相談が無料でできる/

以下の記事で【ベビープラネット】について詳しく解説しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました