PR

フルタイムの子育てで後悔した理由とは?ワーママ歴20年の経験を語る

働き方
記事内に広告が含まれています。

フルタイムで働くママにとって、一番避けたいのは「子育てで後悔すること」だと思うんです。働きながら子供を育てるって、色々と大変なことがありますよね?

まお
まお

本当に大変・・・

私は子どもが生まれてから、20年以上ずっとフルタイムで働いています

フルタイムで働いてきて、後悔したのは、やっぱり何と言っても『子育て』です

私は、子育ての終盤を迎えるのですが、「子どもと楽しめる時間をもっと取れば良かった」と後悔しています。

ベラ
ベラ

もっと、可愛がってあげたかった

フルタイムで働き、仕事と子育てを両立することは簡単ではありません。加えて家事もあるし、本当に大変です。

もちろん、フルタイムで働くワーママとしてのメリットも、たくさんあったと思っています。

この記事では、『フルタイムで働いてきた体験談と、なぜ子育てに後悔をしているか』を詳しくお伝えします。

フルタイムで働きながら子育てをして、あなたが後悔をしないためにも、少しお付き合いくださいね。

\家計の相談が無料でできる/

スポンサーリンク

フルタイムで後悔したのは『子育て』

ワーママ後悔

私が20年以上、フルタイムで働いていて、いちばん後悔したのは『子育て』です。

「もっと、子どもと一緒に楽しめる時間があった方が良かったのでは?」とか、「一緒に居てあげれば良かったのでは?」と後悔しています。

ベラ
ベラ

もっと、かまってあげたかった・・・

まお
まお

分かる・・・

フルタイムで働くと、とにかく子どもと関わる時間がない

私が、一番ツラかったのは子どもとの時間が極端に短く、じっくり向き合える時が少なかったことです。

ベラ
ベラ

子どもの成長を見れないのはツラい

まお
まお

それはツラいね・・・

いくら、子どもが可哀想だと思っても、「仕事を辞めると自分の自由なお金がなくなる」と思い込んでいたことが、子ども優先にできなかった原因です。

さらに、私の場合、旦那が子育てに非協力的で、何もしてくれませんでした。それがとても悔しくて「子どもは、私が一人で育てる・・・。仕事は、絶対に辞めない!!」と、意固地いこじになっていました。

育休中の記憶はあるんですが、子どもが小さい頃の記憶が全くありません

必死すぎて抜け落ちています。

まお
まお

そんなに?

ベラ
ベラ

精神的に病んでだかも・・・

夜中のミルクで初めて笑ったことは、すごく嬉しくて覚えています。だけど、いつ座ったか、いつ立ったかなど貴重な瞬間を逃してきてしまいました

ベラ
ベラ

初めて喋った言葉はなんだったんだろ?

まお
まお

覚えてないのは寂しい・・・

後になって気づいても、もう時間を戻すことはできません。このことに気がついた時は、フルタイムで働いてきたことを、本当に後悔してしまいました。

それでも、子どもはすくすくと成長していたし、まだ大丈夫、私は間違っていない・・・と信じていました。

ですが、子どもが小学校に入ったくらいからでしょうか。だんだんと子どもの寝る時間が遅くなり「あれ?このままで大丈夫?」と不安になってきた頃、文字を書く事ができるようになった娘から手紙をもらったんです。

その時、私は初めてハッと気づきました。

時間の余裕、作りませんか?>>【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumo

フルタイムでも「子育て」で後悔しないために

この時、娘からの手紙があったからこそ、私は冷静に自分を振り返ることができたんです。

フルタイムで働いていることを言い訳に、子供との時間をないがしろにしてきたんじゃないか、まだ、伝える術を持ち合わせていない娘に甘えていたんじゃないかと、自分を責めました。

小学校の分団登校で、毎朝、「なんかわからへんけど、涙が出る」と言って泣き顔で登校する様子や、「お休みする?」と聞いても、「わたしも頑張る」と心細さを隠している健気な娘を思い出して、心の底から後悔しました。

子供との交換日記をはじめた

それから始めたのは、交換日記です。その日学校で起こった出来事、友達とのこと、大半は私へのラブレターのような日記でしたが、今でも宝物になっています。

とはいえ、交換日記だけでフルタイムで働き続ける私の「子育てへの後悔」が、すべて解消されたわけではありません。

子ども部屋の窓にへばり付いて真っ暗な道を帰ってくる私を待って起きていたこともありました。日記だけでは伝えきれない思いを抱えて悩んでいた時もありました。

長時間の通勤に、年々、責任ある立場になってくることで、じっくりと子どもと向き合うことが出来てないと、フルタイムを続けてきたことにとても後悔したのを覚えています。

ベラ
ベラ

でも、時間じゃないんだよ!

関わる時間の短さを深さでカバー

ただ、子供との交換日記をつづけることで、私の考え方も変わってきたように思います。子どもと関わる時間が短いからこそ、時間でみるのではなく、深く関わる濃さ密度で考えるようになりました。

寂しい思いをさせているなとか、我慢させているなと思うより、今、何をしたら喜ぶかにフォーカスしました。求められていることは何かなど、子ども中心に考えてポジティブに関わることで情緒が落ち着きました。

交換日記やお手紙の交換、小さな工夫、ちょっとしたサプサイズ、周りにサポートしてもらうことで埋められる時間は増えます。その増えた時間で、一緒にお風呂に入る時間を長くとったり、寝る前の時間に一緒に本を読んだり、女子トークしたり子どもが納得するまで付き合いました。

実際、子どもと離れている時間が長いので、自然と子ども自身がも増えますよね。今では自主的に生きる良い訓練になったし、間違っていなかったと感じています。

関連記事:先輩ママが伝授!余裕がないワーママが苦悩から解放される方法とは

フルタイムか子育てか・・・後悔を繰り返す要因

私は20年以上フルタイムを続けていますが、子ども自身との関りだけでなく、世間のワーママに対する偏見にも苦しんできました。

ベラ
ベラ

フルタイム=愛情不足・・・

まお
まお

・・・!!

子どもの不調は働くママのせい?!

子どもの体調が優れず医療機関に受診した時、原因が特定できず、ドクターから「母親の愛情不足では?」と言われたこともありました。「フルタイムで働いているから、子育てできていない」と言われたと感じ、ショックで後悔しました。

検査しても異常が見当たらないのに、視力が出ない、耳が聞こえないなどです。1年生になったばかりで環境の変化についていけずの身体反応だったようで精神的に成長すれば自然となくなりました。

それでも、ドクターに『愛情不足』と言われたのは、「私が間違っているのだろうか??」や、「これ以上どうやって愛情をかければ良いのか?」など、フルタイムで子育てする意味をその時は本当に悩み、後悔しました。

私が働いていることが原因での不調なら、仕事を辞めてもっと寄り添う決意ができたかもしれません。でも、私には原因が分からないし、『愛情不足』のせいにされているだけでは?とも思いました。

そんなストレスがかかりイライラするくらいなら、フルタイムを辞めて子育てに後悔のないように子供との時間を作るも1つの方法だと思います。八つ当たりは悪化する原因になります。

ですが私は子どもの力を信じていたので、フルタイムを続けました。実際、学年が上がる頃には子ども自身の世界も広がってくるので症状も無くなり、辛く無さそうだったので結果良かったと思っています。

その後、小学生の後半から中学、高校生卒業まで健康優良児で1日も休むことなく学校生活を楽しんでました。一時的な判断で自分の子育ての後悔をするのは危険です。本当にフルタイムで働いていることが不調の原因なのかよく考えてみると後悔しないと思います。

関連記事:反抗期の子どもに対する効果的な接し方と心構え

いじめに遭う寂しい子どもはワーママの責任?

ちょうど小学生になり上級生と関わることが多くなった頃、子どもはいじめに遭いました。相手が、上級生だったこともあり、恐怖だったと思います。

いじめてくる子どもを私が電話越しに叱ったことがあります。

しつこく継続的に誘ってくる状態だったので、横で聞いていた私が我慢が仕切れなくなったのです。よその子に叱ったのはこの1回だけです。

いじめは、暴力や暴言だけがいじめではありません。あめむちを子どもながらに使い分けて、離れないようにコントロールします。1対1でないことも多く、うまく周りを使います。

それを指摘されたことに逆上した相手のお母さんが、それはしつこく、しつこく何度も私に言ってきた言葉があります。

それは、「フルタイムで働いているから、〇〇ちゃんが寂しい思いをされているのでは?」「私は、ずっと家で子どもを見ているのでうちの子は悪くない。他に原因があるのでは?」「うちの子は、フルタイムで働いているあなたの代わりに、○○ちゃんの面倒を見ている」などでした。

その時感じたのは、「私がフルタイムで働いていることで、子どもに迷惑をかけているのかも」との後悔でした。フルタイムで働くママがあまり周りに居なかったのは地域性もあると思いますが、いじめても謝罪するどころか、逆ギレされる材料にされるのは悔しく感じ後悔ました。

でも、そんな言いがかりのような申し出に付き合っている暇も時間もなく、同じ土俵にあがることもアホらしいと感じたので、私の取った行動は、『負けるが勝ち』でした。

うちの子が寂しい思いをしているかどうかは、いじめの言い訳になるはずも無いし、そもそも断れないうちの子の弱さを認めて、お互い距離を取るように学校にも連絡し対処しました。

いじめられるのは子どもの責任でも、フルタイムで働くママの責任でもありません。きっちりと対応して理不尽りふじんな言いがかりはフル無視しましょう。

そういう時はどうやって切り抜けるかのスキルや、対処の仕方を子どもに教えて、子育ての後悔がないように心がけたほうが賢明です。

時間の余裕、作りませんか?>>【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumo

フルタイムだからできたこと、良かったこと

ワーママメリット

一番はやっぱり経済的ゆとりです。お金があるからできること、経験させてあげられたことがたくさんあります。

ベラ
ベラ

お小遣いの範囲が広いのは自由を感じてたな〜

まお
まお

ダブルインカムだからの余裕だよね〜

自分も稼ぐことができると、少々高額なものでも自分の決断で子どもに使えるところです。高額の習い事セットを独断で買うこともできます。金額にもよりますが、ローンも組むことなく買うことができるということです。

子どもが好きな絵本も十分に買い与える事ができたし寂しい思いをさせている分、関われる時はいろんな経験にお金を使うことができました。

ベラ
ベラ

教育にもいろんな分野があるからバランスよくを意識したな〜

劇団四季のミュージカル、シルク・ド・ソレイユ、スポーツ観戦、スキー、ディズーランドや海外旅行。少々贅沢かなと思ってもそこはケチらずに使いました。こだわりは生の体験です。中学生、高校生での留学体験もそのうちの1つです。

どれも、経験として子どもに残っている事だと思います。実際に小学校で先生から「〇〇したことありますか?」とみんなに質問がされた時は、大体が経験あることばかりだったと言っていました。

今では少々やりすぎたともうこともありますが、卑屈ひくつにならないように人並みの経験はさせてあげたいと思っていたので良かったです。

そのことは、大学生になった現在、本人の自己肯定感が強く、自尊心も高く育ったことで現れていると感じています。

まあ、親のエゴを炸裂させれます。子どものやりたいを叶えられるのは本当に良かったと思っています。

フルタイムの子育てでも後悔しない!

ワーママ楽しむ

子どもと関わる時間が少なくて不安に感じているかも知れませんが、親の愛情をしっかりと注いでいれば子どもはちゃんと受け止めてくれます。

時間が短くても、親子の絆は深く信頼関係はなくなりません。頑張りすぎて、精神バランスを崩すほうが余程お互いにストレスがかかります。

お休みの日に全力で子どもと向き合い楽しい時間を過ごせたのは、普段ワーママで頑張っているからこそできたことです。

自分が信じた子育てと、仕事のバランスを調整しながら、うまく乗り切れるように便利なサービスや家電、人を上手に使って子育て期間を乗り切るようにしてほしいなと思います。

働きながら子育てするのは本当にエネルギーがいることですが、後悔することを減らしてどんどん便利なものを取り入れて笑顔でいてほしいと願っています。

将来の子育て資金が不安なら

子育てには、お金が掛かるもの。とは言っても、何をどうしたら良いのか・・・

まお
まお

・・・お金の心配はあるよね

ここだけの話、子育て中は、お金がいくらあっても足りなく感じます。さらに、子どもが成長したときのための資金は大丈夫? 親として、精一杯子どものためにと思っていても、資金がなければ、困ってしまいます。

我が家に向いている運用方法は何? どうすれば良いの?

ベビープラネットは、そんな悩みを相談できます。あなたの家庭に合ったプランを作成し、10年後、20年後に「あの時将来の家計の計画を含めた相談をして良かった」と思われるように無理のない家計計画を一緒に立ててくれます

ベビープラネットは、相談無料

まお
まお

それは、嬉しい

ぜひ一度、ベビープラネットに相談して見てください。

\家計の相談が無料でできる/

以下の記事で【ベビープラネット】について詳しく解説しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました